不眠におすすめのアロマ

本日は
「不眠におすすめのアロマ」をご紹介させていただきます!

おうちでアロマを使いたい。
アロマはたくさんあって分からない。
どの時になんのアロマが合うかわからない。
アロマに興味はあるけどどれから入ったらいいかわからない。

そんな方々のためにアロマ(精油)についての記事も書いていこうと思いました。
このご紹介は比較的手に入りやすく、香りもクセのないものを選んでいます。

アロマ1つにつき、効能が1つというわけではなく、様々な使い道があるのがアロマの特徴です。
ですので、本日紹介するアロマはもっとたくさんの使い方や効能があります。
香りの感じ方は人それぞれですので、好き嫌いがでてしまうかもしれませんが、それも含めて楽しんでくださいね^^

気になった方はアロマショップで香りを試してみてください。
Marco Sheepにもご用意しているものもありますので、気になったアロマがあれば教えてくださいね。

1-アロマの種類
2-植物別の詳細
3-使用方法

1-アロマの種類
①バジル
②マンダリン
③ネロリ
④サンダルウッド
⑤ベチバー
⑥カモミールローマン
⑦プチグレン
⑧マジョラム
⑨オレンジスウィート

2-植物別の詳細
①バジル
科名:シソ科
抽出部位:葉
香り:甘くアニスのハーブの香り
眠りへの作用:頭をすっきりさせ、心的疲労を緩和し思考を明晰にする。集中力を高める。偏頭痛、抑うつ、不安、倦怠感、めまい、ショックに有用。
備考:不眠に使用する場合は本当にごく少量でOK。逆に普通の量で使用する場合は頭をすっきりさせ活動的にさせる。

②マンダリン
科名:ミカン科
抽出部位:果皮
香り:強い柑橘の甘い香り
眠りへの作用:緊張、精神的な動揺に対して優れた作用があるため、ストレスや不安に有用。研究ではオレンジスウィートと比較するとマンダリンの催眠作用および鎮痙作用のほうが明らかである。
備考:香りが強いので心地よいぐらいの分量で使用をおすすめ。

③ネロリ
科名:ミカン科
抽出部位:花
香り:強いフローラルな香り、草の匂いがわずかに漂う
眠りへの作用:気持ちを鎮めて穏やかにする働きがあり、不安、精神疲労、抑うつ、不眠症、ショック、ストレス全般に良い。
備考:細胞再生作用があるため妊娠線や老化肌のケアとしても有用。

④サンダルウッド
科名:ビャクダン科
抽出部位:心材(樹木の幹の中心に近い部分)
香り:柔らかい木の香り
眠りへの作用:感情的な悩みに起因する不安に対して有用。瞑想やリラクゼーションに役立つ。
備考:不眠の原因である「心のもやもや」を穏やかにしてくれるアロマ

⑤ベチバー
科名:イネ科
抽出部位:根
香り:方醇で土の匂いがする、スモーキーで甘い香り
眠りへの作用:感情が敏感な人に対して安らいだ気持ちにさせてくれる。ストレスに対する抵抗力を高めて不眠、不安、多動、ショックに優れている。
備考:香りが独特なのでまずは1滴から初めてください

⑥カモミールローマン
科名:キク科
抽出部位:花(国によっては植物全体)
香り:フルーティーで草の匂い
眠りへの作用:中枢神経の活動を鎮める作用に優れる。ストレスをやわらげ、頭痛、偏頭痛、不眠に有用。
備考:香りが強いため、少量使用をおすすめ。直接嗅ぐと頭がぼーっとする場合もあり。運転前は使用不可

⑦プチグレン
科名:ミカン科
抽出部位:派と小枝
香り:フレッシュでフローラルなトップノートでハーブの香り
眠りへの作用:精神疲労、身体疲労に有用。神経系のバランスを取り戻すとして推奨される。不安、パニック、怒り、ストレスに起因した症状を助け、気持ちを和らげる。
備考:私も大好きな香りです

⑧マジョラム
科名:シソ科
抽出部位:花のついた先端部分
香り:温かみがありかすかに木の匂い、樟脳に似た香り
眠りへの作用:神経を落ち着かせるのに有用。不安、ストレス、緊張、神経疲労、ふみmんに良い。
備考:坐骨神経や筋肉のコリにも有用

⑧オレンジスウィート
科名:ミカン科
抽出部位:果皮
香り:甘くフレッシュな香り
眠りへの作用:陽気で快活なこのアロマは、憂鬱な気分を元気付けストレスや不安によって生じる不眠を助ける。
備考:柑橘系のアロマの中で最もソフトで甘い香り

3-使用方法
ディフューザー
アロマストーン
入浴時
ボディトリートメントにもよく使用される

最後までご覧いただきありがとうございました!
少しでもアロマに興味を持っていただけたら嬉しいです。

ぜひ気になったアロマがあれば、カウンセリングの際に教えてくださいね。

色々なアロマをご紹介していきますので、
また次回も宜しくお願い致します!

関連記事

  1. 元気になりたい時のアロマのご紹介

  2. 筋肉疲労にオススメのアロマ

  3. 落ち着きたい時にオススメのアロマ